ドローンレースとは?

ドローンレースは、21世紀に誕生した新しいスポーツです。 世界的なブームになっているドローンレースは、パイロットがFPVゴーグルと呼ばれるヘッドマウントディスプレイを装着し、ドローンについたカメラの映像をもとに、パイロットが操縦し、スピードを競います。
パイロットはゴーグルを装着し、ドローンを飛行操作
レース用のドローンはパーツを調達しカスタマイズし製作する
ドローンレースはまだ3年も経っていない新しいスポーツです。
そのため、製品・パーツの進化が激しく、半年前の製品は古くて使えなくなる…なんていうこともままあります。
また、自分ですべてのパーツを調達し、久しくやっていないはんだごてを持って電子工作する必要があるのが現在のドローンレース機です。機体自体の作り方はもちろん、フライトコントローラーと呼ばれる”脳”部分の設定など覚えることは幅広く、そして複雑です。 しかし、レース用ドローンから見る映像は格別です。空撮用のドローンのキレイでゆっくりとした映像とは一味違う表現を得ることが可能です。
ぜひ、この新しい視点を様々な方に体験いただければと思います。
ドローンから見える視点
横田塾では、ドローンレースをよりうまくなりたい、楽しみたい方を積極的にフォローアップするためのクローズドなスクールでありコミュニティでありイベントです。ぜひご参加ください。 >>>横田塾詳細はこちら<<<

お問合せ